野の百合、空の鳥

アニメ・漫画・文学を「読む」

アニメ

【俺ガイル完 5話】考察・解説 八幡の「責任=応答可能性」について

今回は「責任」について考える。「責任」について考えてゆくと八幡がここですでに「まちがい」を犯していることがわかり、さらに掘り下げると「責任」が俺ガイルの構造上必然的な問題であることがわかるだろう。

【俺ガイル完 4話】感想・考察 「共依存」とは何か ――「本物」との距離――

共依存は『俺ガイル完』において非常に重要なテーマだ。 しかし共依存という言葉はいかんせんわかりにくい。その言葉自体は聞いたことがあるが、内実を説明するのは容易ではない。 今回はその共依存という言葉から出発して、4話を中心に俺ガイルの核心に迫っ…

【俺ガイル完 3話】感想・考察 一色いろはが「小悪魔」の奥に秘めたもの

「はい……、気を付けます」。そう言って一色いろはは珍しく落ち込んだ表情を見せる。 かと思えば、次の瞬間には「ですよね!」と満面の笑みで冗談めかす。しかし今度ばかりは本当に反省しているのか、「冗談です。……ちょっとマジで気を引き締めます」と真面目…

【俺ガイル完 2話】感想・考察「鍵」に「触れたことがない」ことの意味

Ⅰ. 「今日まで、その鍵には一度も触れたことがない。」 完2話サブタイトル(『俺ガイル完』2話より, Ⓒ渡航、小学館/やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完, 2020) 2話のサブタイトルは「今日まで、その鍵には一度も触れたことがない。」だ。 このサ…

【俺ガイル完 1話】感想・考察「諦める」ことの意味

Ⅰ. 雪解け 俺ガイル完OPには、結末が「雪」ではなく「雨」であることを望む趣旨の詩がある。 これはもちろん、物理的な雪解けも意味しているが、同時に雪乃の問題がほどけてゆくこと、ひいては奉仕部の問題が解消していくことを暗示している。 だからOP映像…

【俺ガイル11巻】考察・解説「だから違和感について考え続ける」

Ⅰ. はじめに ⅰ. 「違和感」を考え続ける物語 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11 (ガガガ文庫) 「あー、なんか違和感っていうか」 言葉にしてみると、それは案外すっきり腑に落ちた。 ずっとついて回っていたものだ。 ふとした瞬間に意識してしまう…

【俺ガイル10巻】考察・解説 「そうして、道化は見抜かれる」

本記事では俺ガイル10巻について考察・解説を行う。 俺ガイル10巻については、主に以下のような点が論点になると考えられる。 「手記」とは何なのか?何のためにあるのか? 陽乃の「見つけてくれることを、かな」というセリフはどういう意味か? なぜ葉山隼…

【石浜真史OP・ED考察 】「不気味なもの」(フロイト)と「異質なもの」(バタイユ)の視点から

Ⅰ. 石浜真史と「不気味なもの/異質なもの」 ⅰ. 「不気味/異質」? さっそくだが何枚か画像を見ていただきたい。 石浜OPにおける「不気味/異質」なカット(上:『PSYCHO-PASS 2』(サイコパス製作委員会,2014)OPより、中:『PERSONA5 the Animation』(PERSONA…

『俺ガイル』9巻 考察・解説 だから「本物」を求め続ける

Ⅰ. 「欲しいものがあったから」 欲しいものがあったから。 たぶん、昔からそれだけが欲しくてそれ以外はいらなくて、それ以外のものを憎んですらいた。だけど一向に手に入らないから、そんあものは存在しないとそう思っていた。*1 つまるところ9巻は、八幡が…

『俺ガイル』8巻 考察・解説「こうして、比企谷八幡はまちがえる」

Ⅰ. 「まちがい」 自分が何かまちがえたのではないかという、その疑念だけが残った。 (渡航『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。⑧』p.334より) 『俺ガイル』8巻のキーワードは「まちがい」だ。 7巻では「大事だから、失いたくないから」、だから「変…

『俺ガイル』7巻 考察・解説 「そうして、彼ら彼女らは嘘をつく。」

Ⅰ. 「だから、誰もが嘘を吐く。」 大事だから、失いたくないから。 隠して、装って。 だからこそ、きっと失ってしまう。 そして、失ってから嘆くのだ。失うことがわかっているなら手にしない方がマシだったと。手放して死ぬほど悔やむくらいなら諦めたほうが…

【俺ガイル考察】ようやく彼ら彼女らはお互いを「知る」【1~6巻まとめ】<後編>

<前編はこちら ↓> <前編>では、「知る」ということについて、特に八幡と由比ヶ浜の関係から、彼らが互いをどのように「知って」いったのかを見てきた。 <後編>においては、さらに八幡と雪乃の関係から「知る」ということを見つめ、『俺ガイル』第1章で…

【俺ガイル考察】ようやく彼ら彼女らはお互いを「知る」【1~6巻まとめ】<前編>

Ⅰ. はじめに ⅰ. 彼ら彼女らがお互いを「知り」、スタートラインに立つまでの物語 俺も、雪ノ下も、お互いのことを知らなかった。 何を持って、知ると呼ぶべきか。理解していなかった。 ただお互いの在り方だけを見ていればそれで分かったのにな。大切なもの…

【俺ガイル考察】5巻でカマクラがネコリンガルに残した言葉とは?

5巻でカマクラがネコリンガルに残した言葉とは? 『俺ガイル』5巻5章「ふと比企谷小町は兄離れする日を思う。」は、以下のような幕切れとなっています。 携帯を充電しようと充電器を探していると、カマクラがみーと鳴いた。 立ち上げたままのネコリンガルが…

【マギレコ解説】マギレコ2話がアニメーションとして優れている理由「ゴーシュバーガー」について

Ⅰ. 「4分間」 「4分間」、見ず知らずの人の会話を聞くところを想像してみてください。 カフェでも電車でも、なんとなく誰かの会話が気になって聞いてしまう、という経験は誰にでもあるのではないかと思います。 しかし、その会話をずっと聞いていたいなと思…

『PSYCHO-PASS 3』7話 感想・考察 「神の名をみだりに唱えてはならない」

Ⅰ. はじめに 『PSYCHO-PASS3』も残り1話となりました。 7話では宗教特区の事件は解決しましたが、やはりまだビフロストや慎導篤志についてなど、謎は多く残っています。また7話は細かいネタが多く盛り込まれていたのが印象的でした。 そこで今回は、前回に引…

『PSYCHO-PASS 3』5・6話 感想・考察 ビフロストの椅子/エターナルホワイト/出島

Ⅰ. 残り2話 『PSYCHO-PASS3』も残り2話となりました。 ビフロストの正体、局長交代の真相、常守幽閉の謎など、回収すべき伏線はたくさんありますが、あと2話ですべて解決するのは困難でしょう。 おそらく制作側も、最初から「3」の後に劇場版や新しいテレビ…

『PSYCHO-PASS 3』考察 梓澤廣一と「地獄の季節」/「ラウンドロビン」=「パノプティコン」?<後編>

こちらは<後編>です。<前編>はこちら↓ www.zaikakotoo.com Ⅵ. 「ラウンドロビン」=「パノプティコン」は裏付けできるのか? ⅰ. 「地獄の季節」を起こしたのは厚生省? ⅱ. 「ビフロスト」がマネーゲームをする理由 ⅲ. 3話の謎のカットは経済省? ⅳ. ラウ…

『PSYCHO-PASS 3』考察 梓澤廣一と「地獄の季節」/「ラウンドロビン」=「パノプティコン」?<前編>

Ⅰ. 梓澤廣一のプロフィールについて 梓澤の経歴とその詳細 『PSYCHO-PASS3』第5話より©サイコパス製作委員会 『PSYCHO-PASS 3』第5話にて、梓澤廣一のプロフィールが明らかになりましたが、これが物議を醸しています。 というのは、彼が二係の元執行官であっ…

『PSYCHO-PASS 3』4話 感想・考察 仕組まれた「パンとサーカス」

Ⅰ. 「パンとサーカス」 『PSYCHO-PASS3』第4話より©サイコパス製作委員会 灼「古代ローマの詩人ユウェナリスは、権力者たちはパンとサーカスによってローマ市民を盲目的にしていると詩編で揶揄したそうです」 カリナ「いいじゃない、それで平和になるなら。…

『俺ガイル』14巻 感想・考察 だから青春は「本物」を求め続ける

「自意識の化物」がたどり着く先は、人間への不信、言葉への批判、そして本物の希求です。 疑り深い人は言葉の裏を読みたくなる、そうすると、人の心理が透けてくる。すると、もううわべだけの馴れ合いには気持ち悪さしか感じなくなる。だから本物の、もっと…

“PSYCHO-PASS 3” episode3 Review&Analysis “Herakles and the Sirens”

Ⅰ. “Herakles and the Sirens” “PSYCHO-PASS 3” episode3 ©サイコパス製作委員会 “Herakles and the Sirens.” That was the title of episode3. In Greek mythology, “Herakles” strangled a lion with his bare hands and crushed a crab with his feet, so…

『PSYCHO-PASS 3』3話 感想・考察「ヘラクレスとセイレーン」の行方

Ⅰ. 「ヘラクレスとセイレーン」 『PSYCHO-PASS3』第3話より©サイコパス製作委員会 「ヘラクレスとセイレーン」、それが第3話のタイトルでした。 「ヘラクレス」の方は、ギリシア神話では獅子を絞め殺したり、蟹を踏んでつぶしたりしているので、マッチョなイ…

“PSYCHO-PASS 3” episode2 Review&Analysis “Will Teumesessian Sacrifices be rewarded?”

I. “Teumesessian Sacrifices” from “PSYCHO-PASS 3” episode2 ©サイコパス製作委員会 The Greek mythology ーa child being sacrificed every month to calm the “Teumesessian fox” that eats peopleー is where the title “Teumesessian Sacrifices” deri…

“PSYCHO-PASS 3” episode1 Review&Analysis “Can Laelaps capture the Teumessian fox?"

Ⅰ. "Laelaps' calling" "Laelaps' Calling" by "PSYCHO-PASS 3" ep1©サイコパス製作委員会 ⅰ. "Laelaps" and "the Teumessian fox." What does the subtitle “Laelaps' calling” mean? The subtitle “Laelaps' calling” comes from the Greek mythology of a…

『PSYCHO-PASS 3』2話 感想・考察 「テウメソスの生贄」は報われるのか?

Ⅰ. 「テウメソスの生贄」 「テウメソスの生贄」 『PSYCHO-PASS 3』第2話より©サイコパス製作委員会 ギリシャ神話において、「テウメソスの生贄」は「狐」のために捧げられました。 テウメソスの街で人々を喰らう「狐」の気を静めるため、毎月一人、子どもが…

『PSYCHO-PASS 3』1話 感想・考察 「ライラプス」はテウメーッソスの狐を捕らえられるか?

Ⅰ. 「ライラプス」 「ライラプスの召命」『PSYCHO-PASS 3』第1話より ©サイコパス製作委員会 ⅰ. ライラプスの犬とテウメーッソスの狐 「ライラプス」とは、ギリシア神話に登場する犬の名前です。どんな獲物も逃がさないと運命づけられたその犬は、ある時、テ…

『天気の子』は「幼稚」な物語なのか?④(完) なぜ物語には<子供らしさ>が描かれるのか?

Ⅴ. 『天気の子』は「幼稚」な物語なのか? ⅰ. まとめ ⅱ. <子供らしさ>とは何か ⅲ. なぜ物語には<子供らしさ>が描かれるのか? ⅳ. 『天気の子』は<超道徳>を要求しただろうか? ⅴ. 選択肢の「軽さ」 ⅵ. 誰かにとっての<超道徳> Ⅵ. おわりに ⅰ. 『まん…

『天気の子』は「幼稚」な物語なのか? ③「大丈夫」は無責任な言葉か?

Ⅳ. ③「大丈夫」は無責任な言葉か? ⅰ. 「大丈夫」は無責任な言葉か? ⅱ. 「悩むよりも『自分たちは次の世界に行くよ』って軽やかに飛びこえる若者たちの姿」 ⅲ. ラストシーンの苦悩と『大丈夫』という解決策 ⅳ. 『大丈夫』に込められた意味とは? ⅴ. 「僕た…

『天気の子』は「幼稚」な物語なのか? ②「世界なんて、最初から狂ってた」は免罪符か?

※この記事は①の続きです。①は↓ www.zaikakotoo.com Ⅲ. ②「世界なんて、最初から狂ってた」は免罪符か? ⅰ.「最大多数の最大幸福」か「一人の生命か」 ⅱ. 帆高は「世界なんてさ――どうせもともと狂ってんだから」を免罪符にしているか? ⅲ. 「決断・選択」を子…