野の百合、空の鳥

アニメ・漫画・文学を「読む」

アニメ-天気の子

『天気の子』は「幼稚」な物語なのか?④(完) なぜ物語には<子供らしさ>が描かれるのか?

Ⅴ. 『天気の子』は「幼稚」な物語なのか? ⅰ. まとめ ⅱ. <子供らしさ>とは何か ⅲ. なぜ物語には<子供らしさ>が描かれるのか? ⅳ. 『天気の子』は<超道徳>を要求しただろうか? ⅴ. 選択肢の「軽さ」 ⅵ. 誰かにとっての<超道徳> Ⅵ. おわりに ⅰ. 『まん…

『天気の子』は「幼稚」な物語なのか? ③「大丈夫」は無責任な言葉か?

Ⅳ. ③「大丈夫」は無責任な言葉か? ⅰ. 「大丈夫」は無責任な言葉か? ⅱ. 「悩むよりも『自分たちは次の世界に行くよ』って軽やかに飛びこえる若者たちの姿」 ⅲ. ラストシーンの苦悩と『大丈夫』という解決策 ⅳ. 『大丈夫』に込められた意味とは? ⅴ. 「僕た…

『天気の子』は「幼稚」な物語なのか? ②「世界なんて、最初から狂ってた」は免罪符か?

※この記事は①の続きです。①は↓ www.zaikakotoo.com Ⅲ. ②「世界なんて、最初から狂ってた」は免罪符か? ⅰ.「最大多数の最大幸福」か「一人の生命か」 ⅱ. 帆高は「世界なんてさ――どうせもともと狂ってんだから」を免罪符にしているか? ⅲ. 「決断・選択」を子…

『天気の子』は「幼稚」な物語なのか? ①「陽菜」を選ぶという選択は「幼稚」か?

『天気の子』は「幼稚」な物語なのでしょうか?本記事では①「陽菜」を選ぶという選択は「幼稚」か?②「世界なんて最初から狂ってた」は免罪符か?③「大丈夫」は無責任か?という3つの疑問から『天気の子』について考えていきたいと思います。