野の百合、空の鳥

アニメ・漫画・文学を「読む」

漫画

【チェンソーマン 考察】食べるという盲目 ――『チェンソーマン』における「イメージ」と「まなざし」――

※以下、『チェンソーマン』最終話までの重大なネタバレをふくみます。ご注意ください。 はじめに マキマを食べるデンジ(藤本タツキ『チェンソーマン』11巻 第96話, 集英社, 2021年) 『チェンソーマン』は、主人公デンジが宿敵マキマを食して、その幕を閉じ…

【ファイアパンチ考察】どうして人は死ぬと映画館に行くのか?

0.0. 死んだら映画館に行く? 人は死んだら映画館に行く(藤本タツキ『ファイアパンチ』第4巻 第35話より, 集英社, 2017) 人は死んだら映画館に行く。『ファイアパンチ』では、そういうことになっている。 実際、47話で死にかけたアグニは映画館に行くし、…

【チェンソーマン考察】『1984』(ジョージ・オーウェル)との関連について

本記事では、『チェンソーマン』において銃の悪魔が出現した「1984年」という年(この年号が浮かび上がった経緯については後述)が意図的なものであると仮定した上で、ジョージ・オーウェルの小説『1984年』と『チェンソーマン』との関連を考える。 具体的に…

【チェンソーマン 考察】田舎のネズミと都会のネズミ、どこにも行けないモルモット

Ⅰ. どこにも行けないモルモット 田舎のネズミと都会のネズミ どっちがいい?(『チェンソーマン5』より Ⓒ藤本タツキ,集英社) 「デンジ君はさ 田舎のネズミと都会のネズミ どっちがいい?」 ――夜の学校でそう尋ねる彼女は、どこか遠くを見つめていた。 数日…

ファイアパンチ考察 ――嘘と演技となりたい自分――

グロい?意味不明?予測不能な『ファイアパンチ』を考察。その主題とは……?キーワードは「嘘」と「演技」、それから「なりたい自分」

『ブルーピリオド』紹介 「ピカソの絵の良さがわかんない」ヤンキー、藝大を目指す

「ピカソの絵の良さがわかんない」、そんなDQN高校生が美大の最高峰である藝大を目指すマンガ『ブルーピリオド』。 今回はそんな『ブルーピリオド』の魅力を3つのポイントから紹介します。 絵が好きな人はもちろん、絵の価値ってよくわからないという人にも…

『潜熱』紹介 「彼の闇すら、すべて愛しい。」

「潜熱」、それは内部にひそんだ熱。奥底ではふつふつと湧き上がっていても、表には出てこない熱。 この漫画の主人公は19歳の女子大生。そして恋をする相手は中年のヤクザだ。幸薄げで、物静かな彼女は、それでも心の奥で、熱い恋の炎を灯している。 今回は…