野の百合、空の鳥

アニメ・漫画・文学を「読む」

漫画-ルックバック

「不在」/「現前」としての「雪」——『ルックバック』におけるマンガ表現と支持体をめぐる考察

藤野と京本が行く道に、風花が散る。 そこに描かれているのが「雪」だ、ということを、おそらく最初は誰も疑わない。2人は「雪」のなかを歩いているのだし、暖かく着込んだその姿は、私たちに寒さという感覚さえ伝えてくる。 しかしよく見てほしい。そこに映…