野の百合、空の鳥

アニメ・漫画・文学を「読む」

【俺ガイル考察】ようやく彼ら彼女らはお互いを「知る」【1~6巻まとめ】<後編>

<前編はこちら ↓> <前編>では、「知る」ということについて、特に八幡と由比ヶ浜の関係から、彼らが互いをどのように「知って」いったのかを見てきた。 <後編>においては、さらに八幡と雪乃の関係から「知る」ということを見つめ、『俺ガイル』第1章で…

【俺ガイル考察】ようやく彼ら彼女らはお互いを「知る」【1~6巻まとめ】<前編>

Ⅰ. はじめに ⅰ. 彼ら彼女らがお互いを「知り」、スタートラインに立つまでの物語 俺も、雪ノ下も、お互いのことを知らなかった。 何を持って、知ると呼ぶべきか。理解していなかった。 ただお互いの在り方だけを見ていればそれで分かったのにな。大切なもの…

【俺ガイル考察】5巻でカマクラがネコリンガルに残した言葉とは?

5巻でカマクラがネコリンガルに残した言葉とは? 『俺ガイル』5巻5章「ふと比企谷小町は兄離れする日を思う。」は、以下のような幕切れとなっています。 携帯を充電しようと充電器を探していると、カマクラがみーと鳴いた。 立ち上げたままのネコリンガルが…

【チェンソーマン 考察】田舎のネズミと都会のネズミ、どこにも行けないモルモット

Ⅰ. どこにも行けないモルモット 田舎のネズミと都会のネズミ どっちがいい?(『チェンソーマン5』より Ⓒ藤本タツキ,集英社) 「デンジ君はさ 田舎のネズミと都会のネズミ どっちがいい?」 ――夜の学校でそう尋ねる彼女は、どこか遠くを見つめていた。 数日…

【マギレコ解説】マギレコ2話がアニメーションとして優れている理由「ゴーシュバーガー」について

Ⅰ. 「4分間」 「4分間」、見ず知らずの人の会話を聞くところを想像してみてください。 カフェでも電車でも、なんとなく誰かの会話が気になって聞いてしまう、という経験は誰にでもあるのではないかと思います。 しかし、その会話をずっと聞いていたいなと思…

2019年をふりかえって

Ⅰ. もしも言葉がなかったら もしも言葉がなかったら、私たちはどういう存在になっているのだろうか。言葉のおかげで私たちは、現にあるような存在になっている。言葉だけが、限界で、もはや言葉が通用しなくなる至高の瞬間を明示するのである。だが、語る者…

『PSYCHO-PASS 3』7話 感想・考察 「神の名をみだりに唱えてはならない」

Ⅰ. はじめに 『PSYCHO-PASS3』も残り1話となりました。 7話では宗教特区の事件は解決しましたが、やはりまだビフロストや慎導篤志についてなど、謎は多く残っています。また7話は細かいネタが多く盛り込まれていたのが印象的でした。 そこで今回は、前回に引…

『PSYCHO-PASS 3』5・6話 感想・考察 ビフロストの椅子/エターナルホワイト/出島

Ⅰ. 残り2話 『PSYCHO-PASS3』も残り2話となりました。 ビフロストの正体、局長交代の真相、常守幽閉の謎など、回収すべき伏線はたくさんありますが、あと2話ですべて解決するのは困難でしょう。 おそらく制作側も、最初から「3」の後に劇場版や新しいテレビ…